×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛し愛されて生きるのさ9

 

 

「…ヤッてねぇよ。つか、お前が俺に惚れてんだろ?

「当たり前だ。じゃなかったら二回もお前で抜かねえよ」

ゾロがしれっとした顔で即答する。


(二回もって…)


(マジか?)

顔が熱くなってきた。


「俺も言ったんだからお前も言え」


(コイツ…)

なんだか信じられないような恥ずかしいようないたたまれない気持ちでいっぱいになってきた。


「ゾロ…手ェ、離せ…。逃げねえから」


ゾロが渋々拘束を解くと、サンジは、おずおずと、両手を伸ばし、ゾロのたくましい首に手をまわした。


緊張しながら、喧嘩ばかりだった男の堅い唇に、自分からはじめて口づける。


「……ずっと、スゲエ好きだった」

 

そう言って、熱くなった顔を隠すように軽い頭をゾロの肩に乗せる。

丸い頭をごつい手で不器用になでられた。

 

「…お前…こんぐれぇで恥ずかしがんなよ。今からもっとスゲーことすんだからな」


思わず顔をあげると、ゾロの顔が赤黒く染まっている。


「お前だって顔赤くなってんじゃねぇか。つかスゲーことってなんだ。まさかここで…」


「お前がカワイイのが悪ィ」


今度はゾロから、噛みつくようにサンジにキスしてきた。

サンジのとはちがう、明らかに欲望をともなった貪るような口づけだった。

厚い舌が違う生き物のように口内を動き回る。

「…ゾロっ…ナミさんが…」

「寝てんだろ」

ゾロの舌がサンジの耳を這う。

「耳舐めんなっ!くすぐってぇよ」

「嘘つけ。感じてるくせに」

「やっ…違っ」

「違わねぇだろ。ここも勃ってんぞ」

ゾロの指がサンジの胸を弄ぶ。

「あっんっ…やめっ」

「んじゃ指じゃなくてこっちにすっか」

ニヤリと笑うと、ゾロはサンジのシャツを捲り上げ、赤くなった突起を舐め始めた。

ロロノアゾロの舌が自分のそんなところを舐めていると思うと、ますますいたたまれなくなりそうだった。

感じている顔を見られるのが恥ずかしくて、腕で顔を隠そうとしたが、その腕を捕まれた。

「隠すな。もっとエロイ顔見せろ」

乳首を舐めながら片方の手がサンジの硬くなったモノを掴む。

尖端を指で撫でられると、先走りが溢れ出てきた。

「お前スゲー濡れてんぞ」

「っ…言うなっ」

ゾロの手がサンジを擦りはじめる

「んっ…」

「キモチいいか?」

「ふっ…んキモチ…い」

サンジの身体がビクビクと痙攣し、ゾロの掌に熱いものが放たれた。

ゾロはサンジを裸に剥くと、サンジが出したものを手に塗りつけ、後方に手を伸ばす。

「…ゾロっ…ソコは…きたねぇよ…」

サンジの手がゾロの手を掴んだ。

だがゾロの指はお構いなしに、サンジの入り口をやわやわと揉み込む。

「汚くねえよ。」

「……でもっ…ヤッてみたら…キモチワルイかもしれねえだろ…」

蒼い瞳が不安そうに揺れていた。

「心配すんな。俺がやりてえんだ」

「んあっ…やっ‼」

ゾロの太い指がサンジの中に侵入してきた。

「ゾロっ…ゾロ」

しがみついてくるのが可愛くて、不安にさせないよう、頬や唇、髪ににいっぱいキスをした。

乳首を可愛がる手もやすめず、サンジの中を解す指を増やすと、さらに可愛く喘ぎはじめた。


「ゾロぉっ…俺、へん、だ」

「ここか?」

「んっソコ、…当たるっ…ゾロっ俺、またイクっ」


「いけよ。イク顔みせろ」

「…やだっ…みんなっ…んっふっ」

再び激しく痙攣してサンジがイッた。

ピンクに染まった身体は壮絶にエロかった。


「お前はじめてなのにケツでイッたな」

「なっ」

カッとなって思わず顔を上げると、ゾロは、ずっと欲しかったおもちゃをやっと手に入れた子供みたいな顔で、満足そうに笑っていた。

その顔を見たら、胸がいっぱいになって何も言えなくなって、サンジは黙ってゾロに抱きついた。

ゾロの貼り詰めたモノを、根本から尖端に向かって撫でると、ゾロが興奮してサンジの唇を舐めはじめた。

サンジもゾロの背中に手を回し、舌を出して必死でキスに応えていた。

ガマンできなくなったゾロが、サンジの両足を拡げ、自分のモノを入り口に当てがう。

サンジの蒼い瞳がゾロを見つめた。


「…来いよ…」

その言葉を合図にズブズブとサンジの狭い入り口からゾロが侵入してきた。

(…ゾロっ…‼)

「全部…入った。スゲエいい」

汗だくでゾロがニカッと笑う。
 
その顔を見たら、嬉しくて鼻がツンとしてきた。

今度は泣き顔を見られないよう、ゾロにギュッとしがみついた。

ゾロはサンジの髪を撫で、優しく揺さぶりはじめた。

 

 

[TOP] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10] [戻る]