×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

僕らが旅に出る理由9



慌ててプイッとそっぽ向いたがゾロがいい気になって正面から抱きしめてきた。

「…汗クセエ」

「お前はどーなんだ。俺も言ったんだから言え」

「ウルセー…誰が言うかよバーカ」

ゾロの異臭を放つジジシャツに顔を埋めたままボソッと呟くと、チッと舌打ちされた.。

「っとに素直じゃねぇな。だったら身体にきくまでだ」

「なんなんだそのオヤジ発言」

サンジの顔がひきつる。

「覚悟しろよ?」

バンダナも巻きかねない魔獸モードの相手に

「冗談じゃねぇ」

と腕の中から脱出しようとしたが、馬鹿力でホールドされた。

「離せ筋肉バカ!強姦する気かよっンっ」

わめく唇を無理矢理塞ぐ。

さんじはゾロとキスするのが大好きなので、キスされるといつの間にか身体がふにゃふにゃになってしまうのだ。

でも今日は、ゾロのジジシャツをぎゅっとつかんで、流されないよう頑張っていた。

なのに、急にシャツの中からわき腹をなでられて、ついピクリと反応してしまった。

ゾロはその反応がよっぽど嬉かったらしく、唇を離してニカッと笑うと、サンジの赤く濡れた唇をぺろんとなめてきた。

サンジは、ゾロの笑った顔を怒ったような、泣くのをガマンしたような変な顔をして見ていたが、両手を伸ばしてゾロの頭を引き寄せると、唇にかぷりと噛み付いた。

ゾロがすぐ舌を絡めとって髪をなでたら、強張っていた体がだんだんとほぐれてゆく。

細い腰を引き寄せて密着させると、お互いのチンコが固くなってるのが良くわかった。

サンジの長い指がゾロのモノを根元から辿る。

「テメェの…スッゲェあちぃ…」

「お前のココもだろ」

ゾロは低く笑うと腰に回した手をズボンの中に突っ込んだ。

「いきなりソコかよっ」

白い顔が真っ赤に染まる。

「その方がお前エロくなるしな」

ゾロが尻を撫でながらニヤリと笑った。

「…どうせ俺はインランだからな…」

じわりとうつ向き、顔を赤くしたままクチを尖らす。

「…テメェ…ほかのヤツの前でそ〜ゆ〜ツラすんなよ?」

ゾロが怒ったような顔で言ってきた。

「ハァ!?な、何言って…うあっ痛ェよっ!!」

いきなりゾロの太い指がサンジのアナルを解しはじめた。

「んなカワイイツラしてたらテメェすぐここヤられんぞ」  

「ア…アホか…つか変態はテメェだけだ…んあっ…」





[戻る]  [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]   [TOP]